壁収納のススメ~SHI・MA・E・RU施工してみた~

片づくホームスタイリング講座 壁収納編

きっかけは、1ヵ月ほど前、すはらひろこ先生の講座で壁収納を学んだ事

北欧の壁収納のお洒落さはもちろん素敵!!

そして、国土の狭い日本にも壁収納はメリットしかないと共感しました(実用性大事)

詳しい講座の内容は書けませんが、カワバタの思う最大のメリットは

床に物(家具)がない➡そうじがしやすい➡面倒くさがりな自分にピッタリ

床は1面ですが、壁は最大4面ある!   上手に利用していきたい

講座は2部構成でした

前半:すはら先生の『片づくホームスタイリング 壁収納』

後半:株式会社イシカワ 杉原さんの イージーオーダー壁面収納『シマエル』の商品説明と提案書作成

イージーオーダー壁面収納「シマエル」

商品説明を聞いてすぐに設置を決定

その理由は

壁一面で設置可能

向かい合う壁2面での固定ではないので、場所を選ばない

最小で45センチ程度から取付られます(広い壁の1部でも可能なので計画のハードルが低い)

耐荷重も安心

ホームセンター等でも販売している商品はありますが、シマエルはレールがしっかりしています

90センチのハンガーパイプで耐荷重25キロは安心

可変性が魅力

1番の理由はコレ

子育て中の世代は特に子どもの成長にあわせてライフスタイルに変化があったり、使いやすさも変わってきます

組み換え出来るのは魅力

引っ越しても持っていける

「シマエル」施工してみた

計画する

リビング続きの和室を家族のファミリークローゼット的に使用するために奥行の浅い床の間をクローゼットスペースへ

簡単にプランを書いて部材の拾い出し

この程度のメモ書きでOKなんです

施工する

部材が届いたら取付ですが、使用したのは脚立と電動ドライバーのみ(スケールは必須・水平器があれば便利でカワバタは差しがねで水平器代用)

真夏の施工なので汗だく状態なので顔が切られている・・(娘カメラマン作)

まとめ

施工後はこんな感じ

後日、買い足しが出来る安心感で最小限の部材で設置しました

施工は1.5時間(初めてなので、何度かやり直しました)

ハンガーには

  • 制服上着・スカート・ブラウス

棚板には

  • 靴下・スパッツ

とりえず今はこれだけなのですが・・・

将来的に収納するモノが増えたらキャスター付きの引き出し・放り込むだけのBOX等を置けるように余裕を持って下部を空けて棚板設置(本当はもう少し下までレール伸ばしても良かったな)

施工を考えている壁が過重に耐えられる壁なのかは最初に確認の必要があります

講座を受講して『SHI・MA・E・RUアンバサダー』になりましたので、プランのお手伝い出来ます

コメント

タイトルとURLをコピーしました