実家帰省あるある ~着物を手放す~

家を整える

以前アメブロで書いた記事を1部修正しました

私は、特別な事情がない限り、実家に帰省するのは盆と正月の年2回・・・と言う親不孝者です

車で1時間少しの距離で決して遠くはないのですが、子どもが成長すると私も足が遠のいてしまいます(反省)

わが家では実家に帰るといつも・・・

『キョウコの家にあれを持って帰りなさい』

『いやいや!使わへんしいらんわ』

この会話の続きは、持って帰る・帰らないの小競り合い

80歳を過ぎた母はもったいない時代を生きた人なので、簡単には処分はしません

荷物を引き取ってあげるのも親孝行と考え、持って帰れと言われる着物を全て持ち帰りました(50年以上年季のある着物達)

モチロン私が袖を通すことがない物は思い切って手放しました

色々調べて着物のとある宅配買取サービスです(ご興味ある方はnetで検索して下さい)

たとう紙の包みがそのまま入るサイズのダンボール(なんとガムテープまで)が届きます

着物用ダンボール・送料無料(着物だけではなく、帯や小物類も引き取ってくれました)

引き取って頂いた着物も無料でしたが大満足

母の着物を引き継いでも私は着ないし娘にも頼みたくないので、肩の荷が下りました

高齢の母には物を手放すのは重労働

まだまだ、元気なうちに小競り合いしながら手放すお手伝いは必要です

コメント

タイトルとURLをコピーしました